【動画】上原りさデビュー曲「はみがきジョーズ」と「ベイビーシャーク」をスッキリで生歌披露!

芸能

「おかあさんといっしょ」で「パント!のおねえさん」を務めた上原(うえはら)りさ(リサお姉さん)がスッキリに生出演し、生歌をテレビ初披露。2020年1月29日、ワーナーミュージック・ジャパンより「はみがきジョーズ/ベイビーシャーク」で歌手として初のCDリリース。

プロフィール

名前:上原りさ(うえはら りさ)「本名:上原 里彩(うえはら りさ)」
生年月日:1991年9月17日
身長:162cm
血液型:O
出身地:兵庫県
趣味:お菓子作り、歌、観劇、アニメ観賞
出身校:洗足学園音楽大学(音楽学部ミュージカルコース)
所属事務所:株式会社ホリプロ

NHK番組「おかあさんといっしょ」にて「パント!のおねえさん」を2012年4月から2019年3月まで約7年間担当。
2019年7月31日よりホリプロに所属し芸能活動開始。

デビュー曲「 はみがきジョーズ/ベイビーシャーク 」

上原りさ「はみがきジョーズ」(Edit Version.)

「はみがきジョーズ」
 りさおねえさんと一緒に楽しく歯磨きができる歌!歌っているうちにはみがきが楽しいと習慣になり、はみがき上手!になれるような曲となっている。

「ベイビーシャーク」
 世界の子供たちに大人気で全世界累計35億回再生を誇る、【Johnny Only 】 オリジナルの楽曲「Baby Shark」の日本語カバーソング。

スッキリにて透明感のある生歌を披露

番組に小林よしひさ(よしおにいさん)さんもサプライズゲストで登場し、とっても驚かれた様子のりさおねえさん。きれいな歌声を披露し、上々の評判でした。
これからもたくさんの歌声を披露して活躍してほしいです。

過去にはタカラジェンヌを目指す

上原りささんは高校時代に宝塚歌劇団を目指し、2度の受験をしましたが、残念ながら合格はかなわず。宝塚は4回の受験しかできず、倍率も超高いと有名で、かなりの狭き門となっています。
タカラジェンヌの夢は叶いませんでしたが、大学は音楽大学に進み、ミュージカルという道を選択したようです。
こういった経緯にはお母さんの宝塚好きが影響したのでしょう。

パント!のお姉さんになった理由

ミュージカルを専攻していたのにも関わらず、歌わない「パント!のお姉さん」になったのはなぜか?
大学時代に教授から勧められて軽い気持ちでオーディンを受けたのが始まりです。
先生も「どうせ合格しないんだから」と軽い気持ちで勧めたようです。
それが、初オーディンだったのにもかかわらず、見事合格!
当時、大学2年生だった上原さんは約1年間パントマイムの練習を重ね、「おかあさんといっしょ」デビューを果たしています。

NHK「おかあさんといっしょ」ブンバ・ボーン! パント!スペシャル ~あそびとうたがいっぱい~ DVD

今後の活動

もともとミュージカルをやりたくて大学を選んでいた上原りささんは、やはりミュージカル出演を今後はやっていきたいと言っています。おねえさんを卒業しホリプロに所属したのもそれを叶えるためのステップなのでしょう!
卒業時のインタビュー内容

私はミュージカルを勉強してきたので、7年間やってきたことを生かして、最終的にミュージカルの方面に行けたらいいなあと思っています。また、7年間歌う仕事をしていないので、そちらも、再スタートを切るような感じで、新しい世界に一歩踏み出せたらいいなと思っています。

今後の活躍は楽しみですね♬

上原りささんの気になる彼氏は?

大人気の上原りささんの恋愛はどうなのか?
本人曰く、今まで彼氏がいたことがない!だそうです。
幼少期から宝塚にあこがれて、合格するために厳しい訓練漬けの日々だったこと。
「おかあさんといっしょ」を大学生のころから務め、忙しい日々を送ってきたこと。
卒業という流れで心機一転して今後はそういった情報が入ってくると嬉しいですね。

ハマっている「うた☆プリ」

うたのプリンスさまっ♪通称「うた☆プリ」にハマっているという、りさおねえさん。
話し出したら止まらない。細かなことまで語りだし、うた☆プリ愛が止まらないようです。

コメント