西田道弘保健所長が埼玉で検査を厳しめにした理由がひどいと話題!

ニュース

さいたま市の保健所長を務める西田道弘(にしだみちひろ)氏がさいたま市でPCR検査をほとんど行わず、実際のデータは信用できないのではないかと話題になっています。なぜ、西田保健所長は検査を十分に行わず、今回理由を明らかにしたのでしょうか。迫っていきたいと思います。

さいたま市で検査を十分に行わなかった理由!

各メディアで理由についての報道があり話題となっています。

 新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査が、さいたま市では2カ月で171件にとどまったことについて、市の西田道弘保健所長は10日、記者団の取材に「病院があふれるのが嫌で(検査対象の選定を)厳しめにやっていた」と明らかにした。

 さいたま市は2月に検査を開始し、今月9日までに171件。同市より人口、感染者ともに少ない千葉市は同日時点で4倍以上の700件を超えた。

 西田氏は、軽症や無症状の患者で病床が埋まるのを懸念したと説明。「検査を広げるだけでは、必要がないのに入院せざるを得ない人を増やすことになる」と述べ、滞在先施設の確保が必要だと強調した。

Yahooニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-00000195-kyodonews-soci

病院があふれるのが嫌で、厳しめにやった!と証言しています。
もっともな理由に聞こえてしまいますが、検査を拒否された人たちはどうなったのでしょうか?
検査しなかったことで、感染ではないと思い二次感染を拡げてしまっている可能性はないのでしょうか?

西田道弘所長ってどんな人?

この問題発言をした西田所長はいったいどんな人物なのでしょうか?

名前:西田道弘(にしだ・みちひろ)
性別:男
年齢:不明
経歴:不明

年齢や経歴などは公表されておらず、確認することができませんでした。
顔写真は公開されいるようです。

西田所長はメディアのインタビューに対してこのように答えています。

――なぜ手洗いが効果的なのですか。


新型コロナウイルス自体のデータはまだありませんが、同じコロナウイルスの仲間と同様の特徴を持つと考えた場合、ウイルスは界面活性剤つまりせっけんで死滅します。
アルコール消毒も効きます。WHO(世界保健機関)も厚生労働省も「まずは手洗い、アルコール消毒を」と推奨しているのはこのためです。

毎日新聞

従来のコロナウイルスの場合について語っているようです。

ネットでは誰かの指示ではないかと話題に

保健所長がここまで権限を持っているのはおかしい!
誰かの指示または圧力でこのような対応したのではないかと話題になっています。

この保険所長は数日後に謎の死を遂げるんだろ?
更迭されて、島流し
結果とんでもない感染者が市中に蔓延
もっと酷い状況になる
厚生労働省からの命令だと
認めろ!
政府の慌てようからして実際は相当死んでる
誰の指示で?なんの権限があって所長がそんな事すんの?
【誰が、指示していたのか?】
1、安倍首相への忖度
2、厚生労働省の指示
3、厚生労働大臣
4、埼玉県知事は、首都圏で唯一、軽傷者用ホテル確保に失敗してる→保健所長、絞れ!俺は、1の、安倍首相への忖度だと思う

5ch

さすがに一人の独断だけでここまでの対応はできないと思いますが、陰謀説もちょっとやりすぎかと。
ただ、こういう話題が出るのは今の政権だからなんでしょうね。

ネットでは怒りの声が多数!

実情はどうなのか危惧して怒りを覚える人が多いように見えます。

病院がいっぱいになり従事者が疲弊することは避けなければならないことだと思います。
しかし、相談をしてきた人たちに対して親身に対応するのが保健所の役割のはずです!
そして、あなたがおっしゃっていた、「滞在先施設の確保」これこそが、行動に移して実践すべき優先事項だと思います。

コメント