東村山署が猫の写真を撮影した男子大学生を誤認逮捕。被害女性が公然わいせつ犯と証言。

事件

2020年2月8日未明、東村山(ひがしむらやま)署が男子大学生を公然わいせつの容疑で逮捕したが、1時間20分後に誤認であることがわかり釈放されるという、出来事がありました。
なぜこのようなことが起こってしまったのか原因を調査していきます。

東村山市の男子大学生を誤認逮捕

東村山市のマンション敷地内で男が下半身を露出する公然わいせつ事件がありました。
20代女性が110番通報したことで事件が判明し、警察が近くを捜査中に犯人に似た格好の男性がいたところを職務質問し、女性に確認したところ、「間違いありません」と証言したため逮捕。
しかし、取り調べ中に女性が違うかもしれないと言ったことと、犯行時刻に猫の写真を撮っていたことがわかり、釈放されました。

警視庁保安課は8日、東村山署が同日未明に公然わいせつ容疑で大学2年の20代男性=東京都東村山市=を誤認逮捕したと明らかにした。男性は約1時間20分間にわたり拘束された。同課は「男性が容疑者に似ているとの目撃証言を重視し、裏付け捜査が不十分だった」としている。

 同課によると、同日午前0時20分ごろ、同市内のマンション敷地内で、男が下半身を露出する公然わいせつ事件が発生。アルバイトの20代女性=同市=からの110番通報を受け、緊急配備中の同署員が近くで背丈や服装などが目撃証言と似ている男性を発見、職務質問した。男性は容疑を否認したが、女性が「あの人に間違いない」と証言したため、現行犯逮捕した。

 その後、同署で再び女性に確認を求めたところ、女性は「違う人だったかもしれない」と説明。男性が事件発生直前にスマートフォンで撮影していた写真などからも事件と無関係だと判明したという。

 保安課は「指導教養の徹底を図り、再発防止に努めていく」としている。

出典:産経新聞

なぜ誤認逮捕に至った?

結論から言うと、警察が女性の証言を信用してしまい、証言の裏付けを怠ったため。
なぜ、証言を信用してしまったのか?なぜ、裏付けを行わなかったのか?
証拠が不十分な場合、証言を元に逮捕に至るということはあります。今回の件もそれが行われたということでしょう。
では、裏付けはなぜしなかったのか。
こちらは単純に警察の怠慢でしょう。警察も忙しく他の事件を扱っていれば、事件の大小で時間のかけ方が違うのはわかります。しかし、一つの逮捕でその人の人生が大きく左右されることを忘れないでほしいです。今回の対応も逮捕ではなく、任意同行だけで済んだのでは?

公然わいせつは本当にあった?

この事件で頭をよぎったのが、電車の痴漢事件です。
女性がされてもいない痴漢をあたかもされたように振る舞い、全くの無罪の男性を陥れてしまうといったことがあります。無罪を証明することはとても大変なことです。ないものを証明するのはなんちゃらと、どこかの政治家も言っていましたね。
今回の件がなぜそう思ったかというと、女性が逮捕された後に「視力が悪く、違ったかもしれない」と証言を覆すようなことを言ったからです。最初からそう証言するべきであるし、人の人生が左右される出来事を簡単に断言して証言するべきではありません。
いずれにせよ、早く真犯人の逮捕に至ってほしいものです。

今後の対策は?

この件に対し、警視庁保安課が 「指導教養の徹底を図り、再発防止に努めていく」 とコメントしています。もっと具体的な対応内容を示さないからいつまで経っても誤認逮捕ということがなくならないのではなかろうか。

コメント